« 1950年頃の国内外の35ミリ判カメラ | トップページ | ニコンSカタログ »

昭和25年ころの国産フィルム価格

以前に昭和29年ころのフィルム価格を紹介しました。
今回はそれより4年ほど遡ったデータになります。

1950s別冊日本カメラ・カメラ年鑑1951年版


以前紹介しました際、昭和29年の大卒公務員の初任給が8700円でしたが、昭和25年の大卒公務員の初任給はだいたい6000円程度でフィルム価格も同じように値上げしている様子が伺えます。

今ではデジカメですから、撮影に関して、フィルムのように撮影枚数を意識するような場合はバッテリーやメモリ容量などで、当時の高価なフィルムでの撮影のような、金銭的な負担を考える事はほとんど無くなってきていますね。


|

« 1950年頃の国内外の35ミリ判カメラ | トップページ | ニコンSカタログ »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

だんだんフイルムの種類も少なくなり、じわじわと値上がりしている今日このごろ。私愛用の品もついに廃番に。しかし、この当時の値段の高さに改めてびっくり。フイルムがある限り、フイルムを使い続け、一枚一枚大事に撮ろうではありませんか。

投稿: 43-86大好きさん | 2009年7月18日 (土) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/45644120

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和25年ころの国産フィルム価格:

« 1950年頃の国内外の35ミリ判カメラ | トップページ | ニコンSカタログ »