« ニコン史年表(日本光学時代) | トップページ | 交換レンズは何から買うか »

EM系3兄弟 時期別出荷台数

先日、EM系3兄弟 新発売時のカタログ表紙を掲載しました、それに因んだ話題です。
下は半期毎の各機種のおおよその出荷台数です。
等幅フォントではないので、数字の位置がずれて見難いですが、なんとか分かるかと思います。


        EM    FG    FG20
1978下期  20000       
1979上期 138000  
1979下期 207000  
1980上期 215000  
1980下期 210000  
1981上期 188000  
1981下期 138000   *
1982上期 118000  116000  
1982下期 131000  150000
1983上期  76000  103000
1983下期  67000   89000  21000
1984上期  16000   85000  78000
1984下期  9000   89000  72000
1985上期   *   96000  90000
1985下期   *   7200  48000
1986上期   *    *  20000
1986下期   *    *  23000
1987上期   *    *  12400
1987下期   *        *
合計   1530000  735000  364000

これらのうち、*部分は1000台未満の数字で、おそらくは初期は量産試作なども含まれ、末期は製造ではなく、在庫の出荷数ではないかと思っています。

こうやって比較してみますと、3台揃っての製造はほぼ1年半程度あり、その間は各期17~18万台程度作られています。
また、最も多く作られていた時期は1982年で、両機合わせて50万台以上の出荷でした。

因みに、国内:海外の比率はおおよそですが、EMが1:6、FGが1:10、FG20が1:8となっています。

|

« ニコン史年表(日本光学時代) | トップページ | 交換レンズは何から買うか »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

EM系三兄弟はやはり、国内向けではなく、海外市場、アメリカニコンの要請が強かったことを感じます。
この時期、日本の対米輸出は激しく、かつてOPECによる石油ショックのとき、OPEC諸国がやられたアメリカのドルの垂れ流しによるドル安政策でOPECがアメリカにしてやられたのと同じ政策を、日本に対して行っていた時期でもありましたよね。

それと出荷台数を見ていると、私にはやっぱりと思えるものがあります。

投稿: ガタピシ | 2009年6月26日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/45433873

この記事へのトラックバック一覧です: EM系3兄弟 時期別出荷台数:

« ニコン史年表(日本光学時代) | トップページ | 交換レンズは何から買うか »