« 日本光学初のコンパクトカメラ? | トップページ | ニコンF2用高倍率ファインダーDW-2の違い »

ニコンSシリーズ交換レンズ一覧

クラシックカメラ専科46号のSシリーズ交換レンズの一覧表です。(一部 間違っている部分もあります。)
Snikkora
今となっては貴重な資料の1つになると思います。


|

« 日本光学初のコンパクトカメラ? | トップページ | ニコンF2用高倍率ファインダーDW-2の違い »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

これは手に入れたかどうか、引越しした後、資料を整理していないので分かりませんが、「ニコンのレンジファインダーの総て」だったかな、故・久野幹雄氏まとめた本と照らし合わせてみたいです。
ニコンSシリーズの時代のレンズ設計は1本のレンズを設計するための計算は、計算班の女性のグループがルートはルートを数字に直した表をまとめたものから数字に直し、一定の小数点のところで四捨五入してから、機械式の手で回す計算機、算盤、計算尺で計算をして、設計通りのレンズになっているかを数式で計算し、収差は試作品として製造したレンズを計測器でデーターを取ってから、製造販売が決定されていたので、いまと比べるとレンズの種類は少ないですね。
いまはコンピューターにレンズ設計のデーターを入力すると計算をして、レンズの図面を自動的に作図して、同時に収差まではじき出してしまうのですから、レンズの種類も多くなったのは、当然のことといえるでしょう。

投稿: ガタピシ | 2009年5月17日 (日) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/45005166

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンSシリーズ交換レンズ一覧:

« 日本光学初のコンパクトカメラ? | トップページ | ニコンF2用高倍率ファインダーDW-2の違い »