« セミハードケース | トップページ | SB-2/3のレディライト不点の修理方法 »

調整座金

下はニコマートELパーツリストのコンデンサー受け調整座金の一覧です。
Elna
板厚の違いで、842bの0.06ミリから842rの0.9ミリまでの15種類が載っています。
この後の版では更に部品番号842a、2.1×3.8×0.05と100分の5ミリ板厚の座金も追加?(復活?)されています。
このように非常に多くの調製用ワッシャーを揃えてのデリケートな調整を要する部分とは下の図にあるシャッターダイヤル基部なのです。こういった座金の板厚による調整箇所は他にもいくつか見られますしスクリーン部やマウント部なら理解できます、しかし、このカメラに限りませんが、このように多数の種類が揃えられている部分はそうはありません。日本光学らしいと言えば言えますが、もう少し公差を大きくし余裕を持たせた設計はできなかったのかなとも思います。
Elna_2

画像を見られない方へ
こちらのPDFファイルをご覧ください。

|

« セミハードケース | トップページ | SB-2/3のレディライト不点の修理方法 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/44689552

この記事へのトラックバック一覧です: 調整座金:

« セミハードケース | トップページ | SB-2/3のレディライト不点の修理方法 »