« ニコマートF系 カタログ表紙一覧 | トップページ | ニッコールオート28mmF2 »

ニコンFMセール

ニコンFMの売り出しを販社がバックアップしていたチラシです。
Fma

この時期が昭和53年2月ですから、ニコンF3発売の2年ほど前になります。同年12月にF3のNASA仕様開発が始まりますので、この時点ではまだプロジェクトチームはありませんでした。
ですので、スペースシャトルにこの時F3が積まれていた訳ではなく、とりあえず「宇宙カメラとしての信頼性と操作性が認められ、テストフライト17回に搭載が決定」ということのようです。

ただし、後のF3の時のように搭載された実機の画像は無いので、ややリアリティに欠ける広告ではあるように感じました。 

|

« ニコマートF系 カタログ表紙一覧 | トップページ | ニッコールオート28mmF2 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

日本にはなくてもアメリカにはあるかもしれませんね。
CATVでアメリカのスペースシャトルでのニコンF3を取り付ける船外作業中、F3が宇宙ゴミになった瞬間の映像を見たことがあります。

時代的にはスペースシャトルを帰還基地まで滑空できるかの実験と訓練をしていたときに積まれたのではないでしょうか。
写真も打ち上げ時のものではなく、初めて空中滑空できることをデモンストレーションしたときのものですから。
スペースシャトル計画も中止が決まりましたが、スペースシャトルはいまも試作段階でありスペースシャトルの操縦担当者は、テストパイロットのライセンスを持っていなければ操縦できないとのことです。
事故も事前シュミレートの結果よりも、2倍異常のの確率で起きていて、宇宙に初飛行したスペースシャトルも2度目の事故で失われています。

リアリティーとゆうより時代的には、宇宙への「夢」の時代ですから、それは仕方のないことだと思います。

投稿: | 2009年2月16日 (月) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/44057276

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFMセール:

« ニコマートF系 カタログ表紙一覧 | トップページ | ニッコールオート28mmF2 »