« ニコマートFT2 機能と操作(使い方) | トップページ | ニコンFMセール »

ニコマートF系 カタログ表紙一覧

ニコマートFTなどニコマートF系カタログの表紙の一覧です。
全ての種類を網羅している訳ではありません、また、同じ表紙でも違う版の物がいくつかあります。
Matftna
Matft23a

画像右上の物はニコマートFTとFSのカタログです。こちらも版違いがいくつかあります、遅い物にその左隣のモノクロ印刷のFTnカタログが挟み込まれていました。
「望遠7眼レフニコマート」は一枚もののチラシで裏面は「広角7眼レフニコマート」となって広角レンズの紹介をしています。
変わり種は上から3段目右の2種で、これらは同じ年月のカタログで右は少しサイズが小さく2つ折のカタログになっています、その左隣は厚口の物となっています。

|

« ニコマートFT2 機能と操作(使い方) | トップページ | ニコンFMセール »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見しています。
今回のカタログの表紙、見事ですね。

ところで、教えていただきたいことがございます。
Nikomat FTでボディ側の開放絞り設定指標の所に赤点が付いていますが、これは何を示すものなのでしょうか?
絞り込み測光時にこの赤点とASA感度を合わせるためのものなのでしょうか?
ご存知なら教えていただけないでしょうか。

投稿: pureblack | 2009年2月15日 (日) 09時08分

こうしてカタログを並べてみますと時代とともにニコマートも変化していくのがよく分かりますね。機構部分もそうですが、ネームプレートのNikomatの部分の変化も見逃せないと思います。最初はFで使われたNikonと同じですが、FT2からはF2の物と同じになっています。勝手な想像ですがこれは上位機と統一感をだそうという狙いがあったからではないかと思っています。勝手な想像ですみません。

投稿: igay | 2009年2月15日 (日) 12時59分

pureblacKさん、こんにちは。
絞り込み測光の時は指摘どおり、その赤点に使用フィルムの感度を合わせて、絞り連動ピンをカメラから見て右側約40度付近のクリックの位置に落とし込んで置く必要があります。

投稿: MARU0 | 2009年2月15日 (日) 20時59分

MARU0様
早速のご回答、有難うございました。
ニコマートシリーズはFS以外は全て持っているのですが、FTは撮影には持ち出しておりませんでした。
これからはご教示頂いたとおりの方法で、PCニッコールを楽しみたいと思っています。
どうも有り難うございました。

投稿: pureblack | 2009年2月15日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/44057068

この記事へのトラックバック一覧です: ニコマートF系 カタログ表紙一覧:

« ニコマートFT2 機能と操作(使い方) | トップページ | ニコンFMセール »