« ニコン用小型複写装置 | トップページ | ニコンによる接写について »

パーフォレーションの無いフィルムが使えるニコノス

ニコノスやニコノスII型はフィルム装填の際、フィルムレール端にスプロケットが無く、単純にスプールに差し込むだけとなっていて、フィルムのパーフォレーションを必要としません。
これですと、通常、巻き上げていくとスプールの巻き径が大きくなっていき、コマの間隔が徐々に広くなってしまい、既定数の撮影は望めません。
そこで、このカメラは撮影が進みスプールの巻き径が大きくなるのと反比例で巻き上げの角度が徐々に小さくなり、結果的に巻き上げ量を一定に保つ工夫がされています。

これを逆手にとり、パーフォレーションの無いフィルムを適宜フィルムの幅をカットしパトローネに収めてしまえば、
特殊なフィルムも使うことが可能です、ただし、極端に薄いフィルムはコマが重なる恐れがあります。

しかし、今は銀塩フィルムはかなり種類が減ってしまいましたし、特殊なフィルムでの水中撮影(通常の撮影も)というのも私は思い浮かびません。また、現在はデジタルカメラを使うでしょうから、小ネタとしてそういった事も可能だという程度の知識でしかありませんね。

|

« ニコン用小型複写装置 | トップページ | ニコンによる接写について »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/43428477

この記事へのトラックバック一覧です: パーフォレーションの無いフィルムが使えるニコノス:

« ニコン用小型複写装置 | トップページ | ニコンによる接写について »