« F3Pカタログ | トップページ | ニコンSの使い方 »

ニコンF3AFの光路など

下の画像はニコンF3販促資料にあるニコンF3AFの光路(フレーミング、測光、測距)やAFレンズの機構などを分かりやすく紹介したものです。
F3afa

カタログなどには、DX-1ファインダーに使われているレンズやプリズムなどのイラストはもっと簡略されたものしか載ってなかったようであまり実感がわかないのですが、実際は下のように多数のプリズムやレンズなどが使われ
ており、かなりのコストが掛かっている事が分かると思います。以前に紹介しましたDX-1展開図も合わせて見ていただきますとより分かると思います。
Dx1a


発表された当時、各部(*1)部組品として、工数を減らしてはいますが、あのサイズ内への組み込みや検査などは、ニコンSPなみに手間が掛かっているという勝手な印象を持ってました。
当時のDX-1ファインダーの価格110000円は実質赤字でメーカーではペイ出来る価格設定ではなかったと聞いています、しかし、本当の所は知りません。

*1:DX-1展開図にある部品番号の前にB文字が入っているものは全て部組品(assembly)です。

|

« F3Pカタログ | トップページ | ニコンSの使い方 »

NikonF3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/43325586

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF3AFの光路など:

« F3Pカタログ | トップページ | ニコンSの使い方 »