« 世界初の自動絞り200mmレンズ | トップページ | フォーカシングユニット 中継リング »

ニコンF2 使用説明書の表紙

ニコンF2の取り説の表紙は英語版と日本語版では機種によっては結構表紙のイメージが変わってきます。

F2photomicej
以前に少し紹介しましたが、今回取り説を並べて日本ではあまり馴染みが無い英語版の取り説との表示の違いを紹介します。
この画像は上下同じ機種の英語版と日本語版を4機種ほど並べたものです、F2フォトミックや画像には無いアイレベルモデルはほぼ同じですが、画像に無いF2フォトミックSや上のモデルは日本語版ではメーカー呼称どおり「ニコンF2フォトミックSB」や「F2フォトミックA」、「F2フォトミックAS」と表示されているようなデザインになっています。
しかし、英語版ではこれが取り説表紙を見る限り「ニコンF2S(フォトミック)」や「F2SB(フォトミック)」、「F2A(フォトミック)」、「F2AS(フォトミック)」でフォトミックは副次的な表現になっている印象です。また、eBayなどの出品での表示でも「F2AS」などの表現をしている方を多く見かけます。

この辺の表示の違いがどのような経緯で出てきたのか分かりませんが、私自身は日本語版の表示に馴染んでもいますし、呼称と合っていてしっくりきていると思います。

因みに箱は日本語の取り説と同様のデザインで海外でも共通です。

|

« 世界初の自動絞り200mmレンズ | トップページ | フォーカシングユニット 中継リング »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています。英語版のフォトミックAやASの”A”の字ってFAの”A”とは自体が若干違うんですね。勉強になりました。

投稿: NAKA | 2008年12月13日 (土) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/43374662

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 使用説明書の表紙:

« 世界初の自動絞り200mmレンズ | トップページ | フォーカシングユニット 中継リング »