« プラウベルマキナW67の仕様 | トップページ | 産業用ニッコールレンズ価格表(昭和52年12月21日現在) »

大判カメラ用ニッコールレンズ

大判カメラ用のニッコールレンズは、ニコンカメラ用レンズと比べると製作は遅く、昭和40年2月に300mmF9と450mmF9の2本が発売されました。

下は1970年代初め頃の大判カメラ用レンズカタログの表紙と仕様などの部分です。
A
A_2

大判カメラ用ニッコールは、しばらくこの2本のみの期間が続いていましたが、昭和52年春頃から新設計のレンズが続々と発売されるようになりました。

|

« プラウベルマキナW67の仕様 | トップページ | 産業用ニッコールレンズ価格表(昭和52年12月21日現在) »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大判カメラ用ニッコールレンズ:

« プラウベルマキナW67の仕様 | トップページ | 産業用ニッコールレンズ価格表(昭和52年12月21日現在) »