« オリンパスペンFマウントアダプター | トップページ | 100万人のニコン ニコレックス35 »

前玉の大きさ比較

ニコンFの英語版カタログの中にあった、ニコンFボディに各種レンズを付けて正面から見た様子を一堂に並べた画像です。
Nikonfa

ニコンFの大きさはすべて同じですので、単純にレンズ前面の大きさが比較できます。(パースペクティブがあり完全ではありません)
後の時期で、もし、2000mmや6mmF2.8付きを撮ったなら、ニコンFボディが隠れてしまいますね。

|

« オリンパスペンFマウントアダプター | トップページ | 100万人のニコン ニコレックス35 »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

ありそうでない画像ですね。
興味深く拝見しました。
 やはり50ミリや35ミリが一番バランスよく綺麗に見えますね。
 また、7.5ミリと10ミリで普通なら7.5ミリのレンズの方が大きくなりそうですが10ミリの方が大きいのは正射影を採用するために非球面レンズを採用したためでしょうか?
 気になるところです。

投稿: take9 | 2008年11月25日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/43164827

この記事へのトラックバック一覧です: 前玉の大きさ比較:

« オリンパスペンFマウントアダプター | トップページ | 100万人のニコン ニコレックス35 »