« 前玉の大きさ比較 | トップページ | ニコンカメラ・ニッコールレンズ定価表(昭和31年10月) »

100万人のニコン ニコレックス35

ニコレックス35はニコンF発売の翌年、1960年3月に発売されました。
このカメラのエピソードなどは「ニコンファミリーの従姉妹たち」を読んで見てください。

下はそのニコレックス35の61年頃のカタログです。
Nikkorexa
Nikkorexa_2

カタログコピーを見ますと、「Nikonの日本光学が生んだポロミラーシステム一眼レフ」とあります。
この「Nikon」とは、勿論ニコンカメラの事で、ニコンS系レンジファインダー機やニコンFといった高級カメラをさします。
これまで、日本光学はニコン銘以外のカメラは出していませんでしたが、これ以降普及機や8ミリに「NIKKOREX」を使い出しましたので、上のようなコピーになったのでしょう。

裏面のコピーでは「世界初」の文字も見られ、また、「100万人のニコン」という文字まで見られます。
今みますと、あまり売れなかったカメラなのに、随分と大きな風呂敷を敷いたものだと思ってしまいます。
当時、100万台売る意気込みだったのでしょうか?

|

« 前玉の大きさ比較 | トップページ | ニコンカメラ・ニッコールレンズ定価表(昭和31年10月) »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コピーを読むとその意気込みはあったのでしょうが、意気込みとは裏腹に空転してしまった感はいなめませんね。
レンズは当時の新種光学ガラスの登場によりテッチータイプの標準レンズのF値が2.8になったのをニッコールとゆうことで高級感を出すためにF2.5にした感じですね。
後のニコレックスズームの43~86がニコンFマウントになったのと同じようにFマウントになっていたらとゆう興味がありますね。

投稿: | 2008年11月26日 (水) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/43183334

この記事へのトラックバック一覧です: 100万人のニコン ニコレックス35:

« 前玉の大きさ比較 | トップページ | ニコンカメラ・ニッコールレンズ定価表(昭和31年10月) »