« 1970年代の価格表など | トップページ | 昭和32年当時の双眼鏡 »

顕微鏡写真撮影装置アクセサリー

下の画像は1973年の日本光学生物顕微鏡カタログにある写真撮影装置アクセサリーの紹介部分です。
A

1973年ですと既にニコンF2やニコマートELが発売されていますが、カタログの更新が遅れているのか、アダプターにはニコンFとニコマートの説明のみとなっています。

また、シャッターの付いてないフィルムホルダーや35mm判用のカメラボックスの価格が思いのほか高く設定されているように感じます。(特に電動のM-35A)
これらの価格は74年には改定され、Fマウントアダプターは1800円から3000円、M-35Sは15000円から17000円、M-35Aは60000円から80000円となるなど価格の上げ幅は一定ではなく値上げされました。

この頃日本光学のカメラ及びレンズも価格改定され数パーセント~十数パーセント程度の値上げがありました。

|

« 1970年代の価格表など | トップページ | 昭和32年当時の双眼鏡 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42788756

この記事へのトラックバック一覧です: 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー:

« 1970年代の価格表など | トップページ | 昭和32年当時の双眼鏡 »