« 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー | トップページ | ニコマートFT3寸法図 »

昭和32年当時の双眼鏡

四十年史によりますと、昭和32年7月(創立40年当時)の営業品目のうち、双眼鏡は下記の物でした。
ミクロン銘
7×50(軽量中央操出式、軽量水防単独操出式)
8×50
8×35
7×35
7×15
6×30
5×15(以上軽量中央操出式)
6×15(中央操出式)
8×30
9×35(以上広視界中央操出式)

トロピカル
7×50
6×30(以上単独操出式)

下は亀倉氏が昭和30年にデザインしたミクロンのポスターです。
A
このように昭和32年以前はほぼミクロンブランドの双眼鏡ばかりでしたので、亀倉雄策氏がどの双眼鏡をイメージしながらこのポスターをデザインしたのでしょうか、少し興味あります。

|

« 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー | トップページ | ニコマートFT3寸法図 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42798212

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和32年当時の双眼鏡:

« 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー | トップページ | ニコマートFT3寸法図 »