« 開放F値のセット | トップページ | 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー »

1970年代の価格表など

下はニコンの主に1970年代の価格表などの表紙です。
70
70年代は3つ折1枚もの6ページの価格表(左上)と4つ折1枚ものの価格の入ったシステムチャート(右上70年代前半と右下70年代後半)といった二本立てで価格表は店頭に並んでいました。
価格のみ一覧表の方はだいたい年に数回改定されて発行、チャートはだいたい3ヶ月に1度程度の割合で発行されていたように覚えています。
それが1980年代に入ると、チャートと価格一覧表が一本化されて上の画像内左下のような価格表となり、このようなスタイルが後まで続くようになりました。
とはいえ、80年代半ばになると縦長のレターサイズのような形状になり、その後、幅が倍程度のサイズ、さらに後にA4程度の現在のサイズといった変遷を経ました。
私が集めだした60年代終わり頃の価格表はニコンFなどのカタログと同サイズの正方形に近い2つ折り1枚もので、ニコンシステム価格表と書かれていました、それ以前の物は生憎ほとんど持ってませんので、分かりませんが、昭和32年頃の物は以前に紹介しましたのでそちらを参考にしてください。

|

« 開放F値のセット | トップページ | 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42776060

この記事へのトラックバック一覧です: 1970年代の価格表など:

« 開放F値のセット | トップページ | 顕微鏡写真撮影装置アクセサリー »