« プラウベルマキナ 67の仕様 | トップページ | ニコンの会 »

最新の小型ストロボ(1953年頃)

写真工業1953年7月号に掲載された当時発売されることになった小型ストロボに関する記事の冒頭部分です。
今から半世紀以上も前の製品です。
A
記事には、ストロボは登録商標がなされて、他社は使えない事が早くから記されていました。

写真は近日発売の国産スピードライトで、当時としてはポータブル用として、大きさ、重量などがかなり小型化された物だったようです。

この頃日本光学ではBCB-II型などのフラッシュガンしか用意されていませんでした、これの大きさと記事にある最新スピードライト本体との大きさはさほど変わらないように思いますので、確かに小型なのでしょう、しかし想像するに、当時の報道カメラマンは積層電池などを担ぎ、スピードグラフやニコンを駆使し、とても大変だったでしょうね。

これを見ると、約1ヶ月ほど前に紹介しました、カコストロボ(この商標はOKなのですね)の小型品がすごく現代的に見えてきてしまいます。とはいえ、私なんて(使いこなせず)何も考えないで使ってますが、今のニコンのライトはそれの何倍も高機能で高性能ですね。

余談ですが、スピードライトのシンクロ接点はX接点と言いますが、これはスピードライト放電管に使われているガスのクセノン(Xenon/キセノン)の頭文字からきています。

|

« プラウベルマキナ 67の仕様 | トップページ | ニコンの会 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42734593

この記事へのトラックバック一覧です: 最新の小型ストロボ(1953年頃):

« プラウベルマキナ 67の仕様 | トップページ | ニコンの会 »