« ニコンF-401シリーズ | トップページ | ニコンカメラ発売時期データ »

ニコン双眼鏡

1960年代末頃のニコンの双眼鏡カタログの一部です。
A
双眼鏡の一般知識などの説明部分とその下は当時のニコン双眼鏡の仕様表です。

この頃はガリレオ式のスポーツグラスを除き、全てがポロプリズム式で、まだ、所謂直筒の現代的なダハプリズム式はありませんでした。
因みにこの3倍スポーツグラスの価格は本体3550円、ケース250円の計3800円でした。
ミクロン5×15は本体6310円、ケース490円の計6800円でスポーツグラスの倍近い価格差がありました。

7×15はケースを付けて7900円でした、現在のブラックのミクロン7×15はアイレリーフが長く若干仕様が違いますが価格は32000円で40年ほどの年月の開きを考えると決して高い物では無い気がします。

また、ニコン7×50トロピカルは現行品もありますので、そちらで比較しますと、当時ケース共で19800円、現行品は62000円ですので40年で3倍強のアップ、先のミクロンは4倍強でしたので、こちらは優等生と言えそうですね。

|

« ニコンF-401シリーズ | トップページ | ニコンカメラ発売時期データ »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42474608

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン双眼鏡:

« ニコンF-401シリーズ | トップページ | ニコンカメラ発売時期データ »