« ニコマートのポスター | トップページ | ニコンF モータードライブ関係アクセサリー »

ニコンFE2展開図

修理指針に載っているニコンFE2の総展開図です。

Fe2a

かなりの部品が組部品で扱われてますので、この展開図では細かな部品までの番号はあまり示されていません。
番号のB***という表示のものは組部品となっているものです。
実際はそのアッセンブリーにもスモールパーツの組み合わせで複数個の部品と番号が振られている場合が多いです。それらの中にはFM2と共通の物も結構含まれています。


|

« ニコマートのポスター | トップページ | ニコンF モータードライブ関係アクセサリー »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ここには初めてコメントいたしますが、いつもニコンについてより理解を深めようと見ています。現在僕は大学の写真部でFE2を使用しているのですが、このカメラのボディに使われている含銅シルミン系アルミ合金はいつごろからニコンのカメラに使用されているのでしょうか。僕の手元の1977年のFMの広告にはそれが使用されていることについての記述があるのですが。もし、お分かりでしたらお願いいたします。

投稿: igay | 2009年2月 7日 (土) 13時14分

igayさん、こんにちは。
ニコンカメラボディではニコンS2からアルミ合金ダイカストが使われるようになりました。
しかし、その素材については公開はされてはいなかったと思いますし、確か技術資料にも載っては無かったと記憶しています。
さて、カタログにダイカストボディの画像と素材、その強度などを載せるようになったのは、ご指摘のようにニコンFM辺りからです。
おそらく実際にはそれ以前の機種も同じ素材が使われている場合も有ったと思われますが、先のように公開されておりませんので正確なことはわかりません。

投稿: MARU0 | 2009年2月 7日 (土) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42186361

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFE2展開図:

« ニコマートのポスター | トップページ | ニコンF モータードライブ関係アクセサリー »