« 免税 | トップページ | ニコレックス35 »

ニコンF2フォトミックの弱点?

ニコンF2を多数見てきましたが、結構な割合で特定の場所が破損している物を見かけます。
それは、DP-1などに代表されるフォトミック系ファインダーの接眼部で、擬革が貼られていますのであまり目立ちませんが、上部や下部に縦にクラックの入っている物を見かけます。
原因は知りませんが、組みつけの際のネジの締め込み加減のストレス(歪み)と携行時・使用時の衝撃によるものではないかと推測しています。
アイレベルファインダーではそのような状態の物を見たことがないので、素材自体の形状や強度的なものも関係しているのかもしれません。

また、本体のフィルムカウンターカバーの長円形の透明プラスチックも割れているものも結構見かけます。

使用上、これらが割れていても特に撮影に支障が生じる部分ではないので、そのまま使い続けている方が多いのも、見かける割合が多い原因だと思います。

これらの補修用部品はメーカーには在庫が無いようです、ただし、ニコン認定修理店などではまだ部品を持っているところも有るかと思います。

少し形状は違いますが、ニコンEMのカウンターカバーがなんとかF2に代用できそうですが、実際に確認した訳ではありません。もっとも、こちらの部品の調達も今は難しそうですが・・・

そういえば、F2用モータードライブMD-2の後期型とMD-3のカメラの位置を決めるための黒いプラスチックのガイド部品も割れてしまっている物を多く見かけますが、こちらも既に部品は払底していましたね。

|

« 免税 | トップページ | ニコレックス35 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42102692

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2フォトミックの弱点?:

« 免税 | トップページ | ニコレックス35 »