« ニコンEM3兄弟のスクリーン枠 | トップページ | ニコンSP ファインダー構成図 »

赤い「C」マーク

ニコンマウント(S)のレンズはモノコートですが、コーティングが施されていることを示す赤い「C」の文字が入ってます。
しかし、後期のおそらくニコンF発売以降に出た新レンズからと思われますが、そのコートを示す赤いC文字が省かれるようになりました。
下の画像の物は(埃も払わずスキャナに乗せたので汚れてはいますが)、一応Cの文字が残っている最後のほうの標準レンズ(下)と無くなった後期の標準レンズ(上)です。

5cmf14ca

カメラ用写真レンズはこの頃(ニコンF発売の頃)は既にコーティングが施されているのがごく一般的になってましたので、表示もされなくなったのだと思います。
ニコンF用の方は、発売当初からこの「C」が入ってなかったことからもそれが伺えます。
しかし、ニコンFマウントでは、マルチコートの時代になってから、文字の色は変えてありませんが、またこの「C」の文字が復活しました、ただ、これも、ご存知のようにニューニッコールの頃になると一般的になり表示はなくなります。


|

« ニコンEM3兄弟のスクリーン枠 | トップページ | ニコンSP ファインダー構成図 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/42249507

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い「C」マーク:

« ニコンEM3兄弟のスクリーン枠 | トップページ | ニコンSP ファインダー構成図 »