« 謎?のデザイン・ニコンF5ピンバッジ | トップページ | マルチコート »

アポ・ニッコール

画像は1970年代半ばのアポニッコール専用カタログの1部です。
Aponikkor2a
Aponikkor3a
アポ・ニッコールは写真製版用として広く知られていますが、これにかつて海外ではシャッターを組み込み8×10や11×14で撮影に使えるように改造していたところもあると聞いています。
北米で8×10よりも大きいフォーマットで撮る人には、いわゆる大判レンズではない製版用アポレンズの評判は良いとのこと、また、組み込みではなくジナーシャッターのようなビトウィーンシャッターと組み合わせる事もあるそうです。

|

« 謎?のデザイン・ニコンF5ピンバッジ | トップページ | マルチコート »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41682986

この記事へのトラックバック一覧です: アポ・ニッコール:

« 謎?のデザイン・ニコンF5ピンバッジ | トップページ | マルチコート »