« ニコンF角型接眼部 視度補正レンズ | トップページ | NIKKOR-T 1:4 f=10.5cm »

ニコンF時代の露出値などの目安ダイヤル

下はニコンFマニュアル巻末に載っていたスライド複写時の露出値の目安をダイヤル操作で示す事ができるようにしたものの一部画像です。

F2a

これはその完成品です。
A


また、これとは別にプラスチックの板に印刷した物で、スライド作成時に文字のサイズを選定する目安を示すダイヤル式の表示板や、接写時のレンズ毎の露出倍数を示すダイヤル式の表示板などが販促品の粗品として出てました。
F1a

これらは、今では全くといって良いほど使うことはありませんが、計算尺世代のおじさんには何か懐かしさを感じさせるアイテムだと思います。


|

« ニコンF角型接眼部 視度補正レンズ | トップページ | NIKKOR-T 1:4 f=10.5cm »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41895880

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF時代の露出値などの目安ダイヤル:

« ニコンF角型接眼部 視度補正レンズ | トップページ | NIKKOR-T 1:4 f=10.5cm »