« ニコン一眼レフ ソフトカメラケースの型番 | トップページ | ニコンF時代の露出値などの目安ダイヤル »

ニコンF角型接眼部 視度補正レンズ

画像はニコンFマニュアルに掲載されていたニコンFの角型アイピース用の視度補正レンズの外観と寸法を示したものです。
Fa

このタイプは+3、+2、+1、+0.5、-1.5、-2、-3、-4、-5の9種が出ていました。
本来素のアイレベルファインダー単体の視度は-1ディオプターになっていますので、これに先の視度補正レンズを付けた場合の合成後の値が示されています。

また、以前に少し記しましたが、フォトミック系ファインダーは円形のニコマートやF2などと共用可能な視度補正レンズが付けられる様になってますが、そのレンズを使えるように上の視度補正レンズに似た型のアダプターが用意されてました。

|

« ニコン一眼レフ ソフトカメラケースの型番 | トップページ | ニコンF時代の露出値などの目安ダイヤル »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

おとといコチラを見つけました。

凄いネタの宝庫ですね。今後も拝見
させていただきます。

投稿: ! | 2008年7月19日 (土) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41895547

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF角型接眼部 視度補正レンズ:

« ニコン一眼レフ ソフトカメラケースの型番 | トップページ | ニコンF時代の露出値などの目安ダイヤル »