« 30FB A17-1 | トップページ | 偶然?共通の捨て番? »

昭和32年35ミリ判用カメラレンズ出図時期

画像は昭和32年初め頃の35ミリ判カメラ用レンズのデータなどの表です。(四十年史P.535より)
32
雑誌掲載記事に出図時期などが載っているものがありますが、これがベースとなっているようです。


これには出図の順に並べられ時期が記されてます、5cmF2やF3.5などのレンズはキヤノン標準型など用にそれ以前から供給がされてましたので設計変更のあったことが分かります。(必要な硝材が不足するなどでの設計の見直しが理由)

また、35ミリ判用カメラレンズとして、最初にコーティングがされたのはNIKKOR5cmF3.5で昭和21年の春頃からのようです。
この頃はソフトコーティングで内面部のみに施されていたそうです。全面ハードコートになったのは昭和26年で、コーティングが広く施されるようになり、枚数や接合面の制約も減り、レンズ設計の許容度が増し、収差補正もそれまでより比較的容易になり、レンズの大口径化、広角化にも有用だったと四十年史にあります。

|

« 30FB A17-1 | トップページ | 偶然?共通の捨て番? »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41748606

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和32年35ミリ判用カメラレンズ出図時期:

« 30FB A17-1 | トップページ | 偶然?共通の捨て番? »