« 戦前・戦中の日本光学製F値1.0以下の高速レンズ | トップページ | 潜望式パノラマ写真機 »

Fマウントニッコール50mmF1.8

ニッコール50mmF1.8はかつてニコンマウントの試作品(1948年2月)がありました、意外ですが、それ以来、永らく50mmの標準レンズでF値1.8のレンズは出ていませんでした。その理由の1つにF2のレンズの出来が良かった事が考えられます。
その次に出たのは1978年3月のAiニッコールでなんと30年もあとになります。
で、このレンズは以前少し紹介しましたように海外向けにはAi-S化され、ちゃんとカニの爪も付いてました。
国内は薄型で、爪はなかったのですが、実は、私は、海外向けと国内向けのレンズ構成は同じで、鏡胴の設計のみ替えたものとばかり思っていました。
しかし、下の画像のように、レンズ構成も違っていたんです。じっくり見比べる事をしなかったので気がつかなかったのでした。
Ai50mmf18a
Ais50f18a

|

« 戦前・戦中の日本光学製F値1.0以下の高速レンズ | トップページ | 潜望式パノラマ写真機 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41407550

この記事へのトラックバック一覧です: Fマウントニッコール50mmF1.8:

« 戦前・戦中の日本光学製F値1.0以下の高速レンズ | トップページ | 潜望式パノラマ写真機 »