« ニッコールオート300mmF4.5 | トップページ | 東京光學工業株式會社(資料編) »

レフレックスニッコール50cmF5とオート20cm

ニコンFが発売されてほぼ2年が過ぎた1961年7月にニッコール・Qオート20cmF4が発売され、また、同年9月にレフレックスニッコール50cmF5が発売されました。
それら新設計の望遠レンズの解説記事の一部を紹介します。
50cmf520cmf41a
50cmf520cmf42a
記事は5ページ余りのものですが、画像はその一部2ページです。(写真工業1961年7月号)
解説者は、ウルトラマイクロニッコールの設計者として有名な脇本氏とニコンFマニュアルなども記されている堀氏です。
さて、50cmですが、以前紹介しました100cmF6.3と同様に内部に遮光筒が組み込まれています。
残りの内容はこちらの「20cm&50cm解説記事」をクリックしてPDFファイルを閲覧してください。


|

« ニッコールオート300mmF4.5 | トップページ | 東京光學工業株式會社(資料編) »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41165876

この記事へのトラックバック一覧です: レフレックスニッコール50cmF5とオート20cm:

« ニッコールオート300mmF4.5 | トップページ | 東京光學工業株式會社(資料編) »