« 満州光学(資料編) | トップページ | レフレックスニッコール50cmF5とオート20cm »

ニッコールオート300mmF4.5

ニッコールオート300mmレンズは1964年7月に発売されました。それまでは、ニコンマウント(S)の35cmや25cmをN-Fリングを併用して使うなどでしたが、このレンズの発売で自動絞りが使えるようになりました。
しかも、典型的な望遠タイプで焦点距離より大幅に全長が短くなって、それを説明にも設計の主眼として記されています。
案外知られていませんが、このレンズも設計の変更が行われ、5枚から6枚構成になり1969年1月に発売されました。
下はその構成などの画像です、比較しやすいように並べてあります。(右が旧タイプ)
300mmf45autoa
これを見ますと、前玉を2枚構成に改良し、主に色収差の改善をしているのではないかと思われます。
その為、レンズ全長もおよそ4ミリほど長くなり、200ミリを超えてしまいました。

望遠レンズとして端正なデザインで、私が若い頃は憧れのレンズの1つでした。

|

« 満州光学(資料編) | トップページ | レフレックスニッコール50cmF5とオート20cm »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/41142352

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコールオート300mmF4.5:

« 満州光学(資料編) | トップページ | レフレックスニッコール50cmF5とオート20cm »