« 「米谷美久が語る開発秘話」 | トップページ | ニッカカメラIIIS型とニッコール1.4 »

昭和27年頃のニッコールについて

およそ55年前、昭和27年10月号に掲載された35ミリカメラ用ニッコールレンズの紹介記事です。
Nikkorlenss1a
Nikkorlenss2a
Nikkorlenss3a

55年前ですと、ニコンカメラは画像の広告にありますようにニコンS型で、S2はまだ発売されていません。
また、発売レンズも前年に5cmF1.4がでて、これが当時世界最高の明るさというふれ込みでした。
記事中には新製品として2.8cmF3.5、3.5cmF2.5、8.5cmF1.5、25cmF4が紹介されています。
これらレンズは前年から27年夏ごろまでに出たもので、この記事から2ヵ月後くらいには超広角(当時)の2.5cmF4や10.5cmF2.5、18cmF2.5が発表されてかなりのラインナップが揃いました。
また、この記事から、かなり初期からコンタックス用とエキザクタ用のレンズが用意されていた事も分かります。

|

« 「米谷美久が語る開発秘話」 | トップページ | ニッカカメラIIIS型とニッコール1.4 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/40741692

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和27年頃のニッコールについて:

« 「米谷美久が語る開発秘話」 | トップページ | ニッカカメラIIIS型とニッコール1.4 »