« 最後のNikon旧書体アクセサリー | トップページ | F3限定品 »

限界に挑戦した世界一の超広角13mm

昭和51年3月に発売されたNewニッコール13mmF5.6は当時世界一の画角118度をもつ超広角レンズでした。
タイトルはその13mmのセールスコピーの一部です。
下の説明にもありますように、レンズ後部にバヨネット式のモノクロ用フィルター3種と素通しのガラスが付属し、これらのうち必ず1枚を装着しないといけませんでした。(付けないとバックフォーカスが狂い本来の性能が出せません)

New13mmf56a

因に画像にある図面のレンズ番号175021は13mmF5.6の第一本目とされるものです。

*受注生産で当初の価格は700000円でした。

|

« 最後のNikon旧書体アクセサリー | トップページ | F3限定品 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/40880782

この記事へのトラックバック一覧です: 限界に挑戦した世界一の超広角13mm:

« 最後のNikon旧書体アクセサリー | トップページ | F3限定品 »