« 双眼鏡 NOVAR 7×49と7×50の違い | トップページ | カメラはどれだけ進歩したのか »

ダイキャストの塗装

ニコンFの時代はS2以来培われた経験・技術によりかなり精密にダイキャストの加工製作ができるようになりました。
その仕上げも黒色アルマイト処理後に3度の塗装で出来ていました。
具体的には下塗りに黄色の防食用ジンクロメイト塗装の上に黒色のエポキシ系塗料を焼付け塗装していました。
塗料は粘度管理され、塗装後の焼付けによる歪が出ないよう温度管理も厳密に行われていたそうです。
仕上がりの塗装の厚みは5/100~6/100mmに抑えられていたとのことです。

確かに中期頃までのニコンFのダイキャスト部分の塗装のはげてきた所などを見ますと黄色の塗装が見えている場合がありますね、しかし、私の持っているいくつかのFの中でも700万台あたりの物などは黒色の下は直接黒アルマイト処理になっていた物もありました。

10年ほど前にその点を伺ったところ、通常はアルマイト処理を行えば仕上げの塗装だけでも充分な防食と外観が保てる為、特に生産数の多かった時期などはそのような場合があったとのことです。しかし、それが最後までそうだったのか、或いは一時的なものなのかは聞きません(聞くのを忘れてました)でしたので、今となっては、この点が気になるところです。
経緯をご存知の方、或いは、塗装がはげて黄色が見えているかの有無などの情報を(番号を添えて)いただけるとありがたいです。

ここからは私の想像ですが、ニコンF2のダイキャストは黄色の防食塗装はされてないのではと思います。
製造番号による時期的にも合致しますので、この頃からニコンFも同じ仕上げ工程になったのではないかと思っています。ですので一時的なものではなく、ニューFに至る最後まで黄色の防食塗装は省かれるようになったのではないかと考えています。

訂正:ニコンFの本体ダイキャストには黄色の防食塗装はされてなかったもののミラーボックスのダイキャストには防食塗装と思われる黄色の塗料が確認できました、また、F2でも712番台の物は黄色の塗料が確認できましたのでF2でも防食塗装は施されているようです。上記の想像を訂正させていただきます。2008/03/15

|

« 双眼鏡 NOVAR 7×49と7×50の違い | トップページ | カメラはどれだけ進歩したのか »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

少しでもお役に立てればと、情報をお伝えします。

#6558068
しっかりと黄色のジンクロメイト塗装出ております。

以上、簡単ではありますが宜しくお願いいたします。

投稿: 浦 清英 | 2008年3月14日 (金) 10時50分

情報ありがとうございます。

私の持っているFのうちでは705万台以降で確認できる物は黄色の防食塗装が見えませんでした、それ以前の、と言いましても660万台以前に少し番号が飛んでしまいますが、以前の物では黄色が確認できました。
後期の物は割合美品で削ってまで確認はさすがにできませんでした。(汗)

投稿: MARU0 | 2008年3月14日 (金) 20時05分

黄色の防食塗装というのが、ちょっと意味が違うのかも分かりませんが、
私のF2 photomic-A ブラック # F2 7923979は、
エッジ部分が剥げて、5円玉色? が出てきていますが... (^。^;)

投稿: Panちゃん | 2008年3月14日 (金) 22時44分

ニコンF2はFと比べて本体ダイキャストの露出している面積が小さく、ハゲ易い部分としては裏ブタやその蝶番部分、反対側の裏ブタロックラッチのカバー部分のエッジなどで意外と本体ダイキャストのコーナーエッジ部分などはハゲが少ないんですよね。
で判りにくいのですが、その部分をルーペなどで拡大して観察しますと、712番台の割合初期型のエッジのハゲに黄色の塗装のスジを確認しました。
また、ニコンFでは701万台では本体は黄色は無く、ミラーボックスのダイキャストは黄色の塗料が判りました。

投稿: MARU0 | 2008年3月15日 (土) 16時17分

ダイキャストネタです。
以前SSで聞いたことがあるのですが、FやF2のダイキャスト部などの塗装の補修を受け付けていたことがあるそうです。
現在は受け付けていないと言っていました。

私の未使用ニューF(最終型)は一部ダイキャスト部の塗装の浮きが出ています。
防食塗装ならこんな事にならなかったのではとちょっと残念です。

投稿: take9 | 2008年3月15日 (土) 17時38分

私のFのダイキャストの塗装の剥がれ箇所には黄色の防食塗装は見受けられませんでした。


ちなみに製造番号は、726万台、737万台、745万台の3台で全てブラックボディです。

投稿: Sammy | 2009年4月21日 (火) 22時54分

Sammyさん、こんにちは。
情報有難う御座います。
2台は所謂ニューFですね、それら3台の製造時期には既にF2の生産も始まっていましたので、繁忙期で、黄色の防食塗装は省かれている時期に合致している可能性は高そうです。

投稿: MARU0 | 2009年4月22日 (水) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/40487699

この記事へのトラックバック一覧です: ダイキャストの塗装:

« 双眼鏡 NOVAR 7×49と7×50の違い | トップページ | カメラはどれだけ進歩したのか »