« カメラジャーナル ニコンS3再々生産 | トップページ | 双眼鏡 NOVAR 7×49と7×50の違い »

栃木ニコン テレスコマイクロ

栃木ニコンが2000年夏頃に企画制作しニコンのネット販売でヒットした単眼鏡「テレスコマイクロ 8×20D」です。
これはコンパクトな望遠鏡として、或いは鏡胴を伸ばしてマイクロスコープとして使え、しかも当時発売されていたニコンのスイバル式デジカメの900シリーズやアダプタを介してその他のクールピクスシリーズにテレコンバーターやクローズアップレンズとして使えました。
後にさらにEDレンズ使用で高性能な「テレスコマイクロ ED 6×18D」も2003年に発売されました。

下の画像は初代テレスコマイクロの取り説です。
A
便利な付属品も揃っていて初代が実売19800円、2代目が24800円~でした。


|

« カメラジャーナル ニコンS3再々生産 | トップページ | 双眼鏡 NOVAR 7×49と7×50の違い »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/40468983

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木ニコン テレスコマイクロ:

« カメラジャーナル ニコンS3再々生産 | トップページ | 双眼鏡 NOVAR 7×49と7×50の違い »