« ニコノスRSと外国為替及び外国貿易管理法 | トップページ | UVニッコール105mmF4.5のカタログ »

New Nikkorの「S」タイプ

ニコンFマウントのレンズ、一例として50mmの場合、

1) NIKKOR AUTO 50mm F1.4
2) NIKKOR AUTO 50mm F1.4(C)
3) (new) NIKKOR 50mm F1.4
4) (new) NIKKOR 50mm F1.4S
5) Ai-NIKKOR 50mm F1.4
6) Ai-NIKKOR 50mm F1.4S
7) AF Ai-NIKKOR 50mm F1.4S
8) AF Ai-NIKKOR 50mm F1.4S (NEW)
9) AF Ai-NIKKOR 50mm F1.4D

と、上記のような種類があります。
この中で4番目のニューニッコールには末尾に「S」が付けられています。

この「S」はAiレンズの「S」化とは意味合いがちがいます。
Aiレンズの場合は絞り連動レバーの角度と絞り値がリニアに対応したり、距離環の回転角の見直しなど操作性や機能面の向上でした。
では、ニューニッコールの「S」化(とは言っても50mmF1.4と135mmF2.8だけですが)はどういったものだったのでしょう?

それは下のカタログのレンズスペック一覧表の比較を見ると判りますが、新設計によりレンズ構成も変り、サイズ、重量のコンパクト化と全くの見直しが行われた事を表しています。
*ニューニッコールの末尾の「S」ですが、カタログ最後の説明にありますように「Superior」の略だそうです。


Newnikkors

NewニッコールのSタイプレンズですが(特に135mmは)、発売が1976年4月で翌1977年3月にはAiレンズに切り替わってますので短期間の販売でそれほど多くは無いのかもしれません。

|

« ニコノスRSと外国為替及び外国貿易管理法 | トップページ | UVニッコール105mmF4.5のカタログ »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。4) (new) NIKKOR 50mm F1.4S のSですが、掲示頂いているオレンジ色の価格表の最下段の黒地色白抜き文字で「SはSuperiorの略で一層コンパクトになった」と記載が見受けられます。逆にAIからAI-Sの「S」は何の略なのか興味が沸いてきます。まさか「Shibori」という略ではないと思いますが。

投稿: ふみとパパ | 2008年3月 2日 (日) 01時46分

ご指摘ありがとうございます。
しっかり下段に記載されていましたね。
早速訂正させていただきます。

投稿: MARU0 | 2008年3月 2日 (日) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/40328857

この記事へのトラックバック一覧です: New Nikkorの「S」タイプ:

« ニコノスRSと外国為替及び外国貿易管理法 | トップページ | UVニッコール105mmF4.5のカタログ »