« ニコンF2 DE-1Titan | トップページ | ニッコール初の望遠系近距離補正レンズ »

ニコンF2フォトミック系ファインダーの製造番号

F2のフォトミック系ファインダーでDP-1の製造番号を見ますと、20万台、30万台、40万台、50万台、60万台が有ったようで、そのうち50万台の途中どうやら526***台くらいから耐磨耗対策が始まったように思います。
DP-2は50万台、DP-3は70万台、DP-11は10万台、30万台 DP-12は80万台の番号を見かけます。
DP-1の30万台はDP-11と、50万台はDP-2と被ってますが、それ以外では、今のところ、私が調べた範囲では、数字が分けられている印象です。

【こちらを見ている皆さんにお願いです】
F2のフォトミック系ファインダーの型番と製造番号、さらに、DP-1やDP-2の場合ファインダーを裏から見てスクリーンを押さえるバネ(部品名bottomplate spring)を留めているネジがマイナスかプラスか、DP-1では裏から見てシャッターダイヤルカップリングの部分に赤い点か緑の点の有無、メーター形状で左右対称型かアンプル型か?をこちらにコメントいただけないでしょうか?
また、本体とオリジナルの組み合わせの場合、本体の番号も合わせてコメントいただけますと参考になります。
DP-1の場合、20万台と40万台に初期型の特徴のファインダーが見られます。
下の画像のように、擬革がF同様の物か?接眼部が角型で上下に擬革が巻き込んでいるか?着脱レバーがワンアクションか押し込む動作が必要かなども合わせてコメントいただけますようお願い致します。


Dp1a_2
上の画像は45万台のDP-1で擬革はF2の物で接眼部やネジなどは初期型の特徴を持っています。
右上の小さい画像は初期型20万台前半のもので擬革がFと同様の物です。
これらの初~中期型特徴を持ったDP-1付きF2のボディ番号も調べていますので、該当機種をお持ちの方が居られましたらご協力お願い致します。

*データが集まりましたら、後日、当ブログにて発表させていただきます。しかし、個人的な情報も含まれますのでコメントは非公開とさせていただきますので、皆さんのご協力、宜しくお願い致します。

|

« ニコンF2 DE-1Titan | トップページ | ニッコール初の望遠系近距離補正レンズ »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

皆さん、F2に関する情報ありがとうございます。

皆様より多数のコメントをいただいておりますが、コメント自体は未公開としています。m(__)m
番号に関する情報は継続して集めていますので今後ともご協力宜しくお願い致します。

投稿: MARU0 | 2008年7月 3日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/17916688

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2フォトミック系ファインダーの製造番号:

« ニコンF2 DE-1Titan | トップページ | ニッコール初の望遠系近距離補正レンズ »