« 受光素子の特徴 | トップページ | 画角220度の映写機用魚眼レンズ »

長寿アクセサリー

ニコンFの頃から続いている長寿アクセサリーには定番商品としてフードやワイヤレリーズなどが有ります。
しかし、これらは途中から型番が振られマイナーチェンジを受けたりしています。(因みに最初のアクセサリーの1つ3.5cm用フードは現在もHN-3として売られ続けています。)

それらとは別に、惜しくも2年近く前に在庫が払底してしまいましたが、型番が無く40年以上も販売され続けた長寿アクセサリーが存在しました。

それは何だと思いますか?

答えは長尺マガジン巻取り器(と長尺マガジンスプール)です。

価格も詳しくは調べないと判りませんが、当初は9730円、69年には11500円、遅くとも73年~74年6月までは13000円と細かく改定されてましたが、74年11月以降、在庫払底まで20000円で改定される事無く販売されていましたので、31年程は変わってなかったのです。
Fmda

Mf4a

上の画像はニコンFのMD用アクセサリーカタログの1ページです、その下の画像はニコンF3用MF-4のカタログの1ページです、これらの巻き取り器をみますと変更されたようすはありません。
しかし、1996年頃に無垢の1枚板でできていた本体が合板製に変わってしまいました。
巻き取り器の機械部分は変更される事は無かったので、それが唯一のマイナーチェンジと言えます。、


|

« 受光素子の特徴 | トップページ | 画角220度の映写機用魚眼レンズ »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/17705687

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿アクセサリー:

« 受光素子の特徴 | トップページ | 画角220度の映写機用魚眼レンズ »