« ニコン10cm屈折赤道儀 | トップページ | ニコンカメラ一色 »

F&S アクセサリー

画像は1963年のニコンカメラ総合カタログの最終ページのアクセサリーの一部を紹介した中の写真部分です。
A

この中の物、今の私には欲しいものばかりですが、目を引くのはモータードライブ用のバッテリーケースが単2電池6本用と8本用が併売されていた事です。
この事からニコンF用が出て数年を経てますが、この頃まではニコンS系のモータードライブもまだ初期のタイプだったと思われます。
S-36も最後期になりますと、本体正面左にある丸い飾りの銀色のキャップ様の物が省略されてF-36と近い物になっています。

さて、F用とS用が混在していますが皆さんはこの中の物いくつ判ったでしょうか?

|

« ニコン10cm屈折赤道儀 | トップページ | ニコンカメラ一色 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

> この中の物、今の私は欲しいものばかりですが、
ざっと眺めたところ、だいたいの物は見当が付くのですが、今となっては、どれも貴重品ばかりですね。BC-5用アングルホルダーの上に見える物は何でしょうか?あと、ニコンメーターは3型で、Fのモーターは中期のものなのに。S系前期用の6本用バッテリーケースがあるなんて、ステレオニッコールを含めて、「売れ残り」を並べたのかも知れません。(笑)

投稿: スポック | 2008年1月 5日 (土) 17時15分

画像が粗くて判りにくいですが、ガンカプラーとBC-6型フラッシュユニットでしょうか。

これらの画像でやけに古い物も含まれてますが、言われてみますと、確かにニコンのアクセサリーなど在庫が払底するまでカタログや価格表にしっかり載ってますので、売れ残りと言えなくもないですね。

この画像にはF-250が載ってますが、これも割合売れなくて一説には1000台ほどと言われてますが実際はもっと多いような気がしてます、それと比べるのも何ですが、最後の長尺用モーターのF4用MF-24は間違いなく1000台以下の製造数であまり売れなかった物の1つです。

投稿: MARU0 | 2008年1月 5日 (土) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/17582061

この記事へのトラックバック一覧です: F&S アクセサリー:

« ニコン10cm屈折赤道儀 | トップページ | ニコンカメラ一色 »