« 光三九 15m測距儀 | トップページ | ニコレックスズーム35 »

ニコンF2 フォトミックファインダー

フォトミックファインダーDP-1では摺動抵抗の耐磨耗化の変更が行われた事は以前紹介しました。
その番号帯はおそよ523000番~536000番辺り以降から始まったようです。
ただし、まだ、526000番台では露出計のメーター形状はアンプルタイプにはなってませんでしたので、メーター変更時期とは同時期ではなかったようです。
メーター変更が始まった番号帯はもう少し調べてみないと判りません、皆さんの情報をお待ちしております。

また、以前にF2の変更箇所もいくつか紹介しましたが、もれていた部分がありますので追加します。
電池ボックス内のプラス接点が初期717万台くらいまでは無く、電池蓋が接点になってましたが、720万台くらいから接点が追加されました。

2008/02/01追記
先日入手しましたDP-1では、525***番で耐磨耗対策は施されてませんでした、また、別のDP-1(5266**)が対策済みでした。

|

« 光三九 15m測距儀 | トップページ | ニコレックスズーム35 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、いつも楽しく拝見しています.
私の持っているF2フォトミックはファインダーが570×××ですが、メーター形状は古いタイプ(左右対称)です.ねじはプラスで、ボディーが762××××なので磨耗対策されている後期型と勝手に思ってますがどうなのでしょう.
ところで近々カメラのHPを作ろうと思ってますので公開したらまたよろしくお願いします.

投稿: おとにゃん | 2008年1月26日 (土) 22時11分

おとにゃんさん、はじめまして。
57万台のDP-1ですと耐磨耗対策品だと思います。また、メーター形状は前期型との情報ありがとうございます。メーター部の変更が、これで少なくとも耐磨耗対策後半年以上後で行われたといえそうですが、こちらももう少し調べてみます。

75年はF2のマイナーチェンジ時期と言えそうで、DP-1の件もそうですが、この年からブラック、クロームボディの色分けが番号で区分されるようになりましたし、巻き戻しの際フィルムカウンターが進まないように改良もされました。

投稿: MARU0 | 2008年1月27日 (日) 18時58分

はじめまして。最近カメラを始めたばかりの初心者です。わからない事も沢山ありますが、楽しく読ませて貰っています。さて、私もF2を買ったのですが、ファインダーは54万台後半でメーターはフォトミックA(DP-11)と同じタイプが載っています。ボディは744万台です。おそらく74年?製造と思っていますが、ファインダーも同じ時期のものなのでしょうか。

投稿: しんの字 | 2008年1月27日 (日) 19時30分

しんの字さん、はじめまして。
744万台は74年夏頃製品検査を通ってます。
この頃ですと耐磨耗対策はまだ始まっていない筈です。ファインダーはおそらくもう少し後の物だと思われます、またお持ちのファインダーを外し、裏側から見て、丸いシャッターダイヤルと重なる部分の中に赤い点か緑の点が刻印されていれば耐磨耗品と考えられます。

メーター部分は変更時期などまだ調べているのですが、こちらは修理やオーバーホールで交換されている物も多数見られます。アンプルタイプのメーターを見るだけでは判断が難しいので、前期型メーターの物の大きな番号を調べて時期を探っているところです。

投稿: MARU0 | 2008年1月27日 (日) 19時50分

はい、ファインダーに関しては、私もこれを買うときに真っ先に確認した部分なのですが、残念ながら赤か緑の印はありませんでした。しかし、その他は対策済みのものと一致すると思われ、綺麗なファインダーだったこともあり迷わず購入しました。DP-1の摩耗対策に関しては様々な説があるようで、謎は深まるばかりです…。

投稿: しんの字 | 2008年1月27日 (日) 21時29分

F同様の偽革で角型のファインダー外部の初期型DP-1でもアンプルタイプの後期型メーターの物をいくつか見ております、(私も1つ持っています)修理などでメーター部が交換されたと外観から判断できます、しかしご存知のように、それが耐磨耗対策品かの判断はまた別ですので実際のところは開けて見ないと分からないのではないかと思っています。この項で記したように、番号からはいくつか見て52万台半ば以降ならおそらく耐磨耗対策品だと考えてます。しかし、しんの字さんの物のように点が無い物ですと、それが落下などで故障して大掛かりな修理で番号が変ってしまった場合ではなく、元々の物だった場合は考えを改めないといけないですね。

投稿: MARU0 | 2008年1月27日 (日) 22時02分

私のDP-1は358…ですが、アンプルタイプですし、緑の点もあります。ボディは754…です。これらはいつごろの製造なのでしょうか?
 F2は最近中古で買ったばかりで、詳しくないので興味をもって読ませていただきました。

投稿: はまちゃん | 2008年4月 9日 (水) 23時56分

はまちゃんさん、745万台ボディは昭和50年10月から51年2月ころまでに完成検査を通っていたようです。
また、その番号帯本体では、DP-1が付けられていた物のうち近い番号では34万番台や32万番台の物の報告を受けております。
おそらく発売当時の組み合わせ(オリジナル)ではないかと思われます。

投稿: MARU0 | 2008年4月10日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/17787920

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 フォトミックファインダー:

« 光三九 15m測距儀 | トップページ | ニコレックスズーム35 »