« ニコンS2カットモデル | トップページ | ニコンF2 フォトミックファインダー »

光三九 15m測距儀

戦艦大和と武蔵に搭載された15mの巨大な測距儀は日本光学が製造した事は広く知られています。

75年史には「設計、製造を受注した」との記述が見られますが、小倉磐夫著「カメラと戦争」や「国産カメラ開発物語」にはこの辺のエピソードもいろいろ綴られてまして、「カメラと戦争」によりますと旧海軍の光学技術者の設計、具体的には「日本の光学工業史」より横須賀海軍工廠光学実験部部長北川茂春大佐が設計、その後任責任者として開発の詰めを青木小三郎海軍大佐が行ったとあります。
「国産カメラ開発物語」では詳細設計と製造を日本光学が受注した・・という文言も見られますので基本設計は海軍により行われ、製造の為の詳細な設計は日本光学が行ったというところでしょうか?

下の画像は75年史に掲載されている15メートル測距儀と光学配置図です。
15ma

制式名は「三九式倒分像立体視式15m二重測距儀」と称するそうです。
性能
基線長:長15.72m
     短15.28m
対物鏡:120mmφ
端反射鏡:140mmφ
倍率:30倍
視界:1°30′
ひとみ径:4mm
測距範囲:5,000~50,000m
外筒の外径:600mm
操作員:三九は7名、四八は5名
当時の価格:40万円(75年史によると「今日の数億円に相当する」とあります。)

|

« ニコンS2カットモデル | トップページ | ニコンF2 フォトミックファインダー »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

測距儀

投稿: | 2008年7月 5日 (土) 11時48分

測距偽→測距儀で、誤変換に気づいておりませんでした。

いや、御恥かしい、間違いの指摘ありがとうございました。
早速訂正させていただきました。m(__)m

投稿: MARU0 | 2008年7月 7日 (月) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/17775584

この記事へのトラックバック一覧です: 光三九 15m測距儀:

» [watch][sankei][nogucchi][anime]産経野口記者の大和観。 [黙然日記]
「【軍事情勢】軍艦大和が遺してくれたこと」:イザ! http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/644442/  新聞休刊日なので、ひさしぶりに「軍事情勢」をチェックしてみました。今日の分*1はいまいちつまらなかったのですが、関連でリンクされていた先... [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 00時49分

« ニコンS2カットモデル | トップページ | ニコンF2 フォトミックファインダー »