« 瞬間絞込み測光時のAEロック | トップページ | ニコンF2ウエムラスペシャルのレンズ »

ニッコール・Hオート 2.8cm F3.5について

画像はFマウント用ニッコールオートレンズとして1960年当時最広角度となる2.8cmF3.5の解説記事です。(写真工業98号より)
28mmf35a

使われている写真のレンズは初期の物共通に見られる距離環と絞り環に目盛り線が入ってます。
しかし、初期ロットのみ存在するのか市販段階では見送られたのかちょっと分かりませんが、R指標や目盛り線付きの初期の2.8cmは見たことがありません。(一応メートル表示、フィート表示の両方のバージョンが存在するようです。)
また、発表段階ではレンズのネームリングがフィルターリングの内側にある物の画像が出ていました。

|

« 瞬間絞込み測光時のAEロック | トップページ | ニコンF2ウエムラスペシャルのレンズ »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/17363430

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコール・Hオート 2.8cm F3.5について:

« 瞬間絞込み測光時のAEロック | トップページ | ニコンF2ウエムラスペシャルのレンズ »