« 車載自動撮影装置 | トップページ | 20万台目のニコンF »

ニコンF シーソー付きモータードライブ用底板

ニコンFにモータードライブF-36やF-250を使う場合は専用の底板に取替えてそれぞれの個体に合わせて調整する必要があることは以前少しふれました。

その底板ですが本体との調整済みの2台を除いた手持ちの物3枚を比較する意味で裏側を並べてみました。
A
一応上から古いタイプ順に並べたのですが時期やそのとき使われた金型によって少し違いが見られます。
一番下の物は昭和46年頃のF-36に付属していた未使用の物で、私の手持ちではこれと画像にはありませんが、カメラ本体に着けて調整した物に使われている底板が新しめの同タイプでした。

塗装も上の物は前期方本体同様に黄色の下塗りが施されてます、長期に渡って作られたカメラですからいろいろと違いが見られて比べてみるのも楽しいものです。

|

« 車載自動撮影装置 | トップページ | 20万台目のニコンF »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF シーソー付きモータードライブ用底板:

« 車載自動撮影装置 | トップページ | 20万台目のニコンF »