« アサヒカメラ ニューフェース診断室 | トップページ | ニコンレンズシリーズEズーム36~72mmF3.5 »

ニコン マルチフォト

ニコンには低倍率から高倍率までを広視野で撮影を行うためのシステム展開した大型マクロ写真撮影装置が1960年代終わり頃に出ました。

これには接写複写用のマイクロニッコールとは別物で顕微鏡対物マウントのマクロニッコール19mmF2.8、35mmF4.5とライカLマウントの65mmF4.5、120mmF6.3の4種が用意されていました。
画像では分かり難いですが120mmF6.3は10数年間もセンチ表示の物が販売されていました。
Multi_photo2a

Multi_photo3a


画像は初期のマルチフォトのシステム展開図です。

Multi_photo_a


|

« アサヒカメラ ニューフェース診断室 | トップページ | ニコンレンズシリーズEズーム36~72mmF3.5 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私はマルチフォトユーザーなのですが、初めて見る貴重な資料、誠にありがとうございました。
大変勉強になりました。

投稿: doublet | 2008年9月 6日 (土) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16812425

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン マルチフォト:

« アサヒカメラ ニューフェース診断室 | トップページ | ニコンレンズシリーズEズーム36~72mmF3.5 »