« オリオン精機 ミラックス | トップページ | アサヒカメラ ニューフェース診断室 »

ニコンF2 セルフタイマー長時間露出機構

画像はニコンテクニカルマニュアルに掲載されていた、他のカメラには見られない珍しい機構といえるニコンF2のセルフタイマーを利用した長時間露光の仕組みを分かりやすく解説した部分です。
F2a
内容を見ますと、レリーズによりミラーアップし先幕が走行するとほぼ同時にセルフタイマーが作動し、任意の秒時の後にドラム上部の掛け金がセルフタイマー終了と連動して解除し、後幕が走行するようになっています。
セットには手順が多く少し手間は掛かりますが10秒までの露光が内蔵露出計で使えるのは美点です、例えば非連動の低輝度側露出計の4秒と8秒の間で適正値となった場合などでも、機械式のセルフタイマーですから中間値のセットも容易です。
この後の高級機などのセルフタイマーもシャッター同様に電子式が主流となり、このような機械式の精度の高い物は無くなってしまいました。

下の画像はニコンF2のセルフタイマーの作動角度をあらわしたものです。
F2


|

« オリオン精機 ミラックス | トップページ | アサヒカメラ ニューフェース診断室 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16792889

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 セルフタイマー長時間露出機構:

« オリオン精機 ミラックス | トップページ | アサヒカメラ ニューフェース診断室 »