« ニコンF5 ニコンカメラ50周年記念モデル | トップページ | F5でAiレンズでマルチパターン測光が出来ない訳 »

ニッコール誕生

画像は日本光学の製造したレンズの名をNikkorと定め登録した際の商標広告です。
昭和6年7月にニッコールの商標を出願し昭和7年4月に広告され同年12月に登録されました。

Nikkorb

ニッコールとしての指定商品は第十八類 理化学、写真器械器具及び眼鏡、並びにその各部とあります。
そこで登録商標の第十八類が何かをウェブで調べてみましたが現在は「革及びその模造品、旅行用品並びに馬具」とありました。当時と現在では類別区分が変わったようで今ですと第九類がそれにあたるようです。

さてNikkor銘の初めはどうやら昭和8年出荷のレンズ類かららしく、Aero Nikkor50cmF4.8 同70cmF5などが75年史に紹介されていました。


|

« ニコンF5 ニコンカメラ50周年記念モデル | トップページ | F5でAiレンズでマルチパターン測光が出来ない訳 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16641346

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコール誕生:

« ニコンF5 ニコンカメラ50周年記念モデル | トップページ | F5でAiレンズでマルチパターン測光が出来ない訳 »