« ニコン史ものがたり-その光学の軌跡 | トップページ | レリーズ関係アクセサリー型番 »

MD-E

ニコンMD-EはF3と同様に開発当初からボディと一体化してデザインされています。
こちらもジュージアーロのデザインでF3との共通性を持たせた物になっています。

出現当初はEM専用となっていましたがFGが後にでてこちらも共用されるようなりました。

Mdea  (写真工業370号より)

外観の特徴ではホールディンググリップを設けてあります、また、外観図のように斜めのホールディングラインの入ったデザインでこちらもF3のMD-4と共通性のあるスタイルとなっています。

MD-E(と後に出たMD-14)はMD本体にはレリーズボタンが設けられていません、カメラボディのシャッターボタンの操作で1コマ撮りと秒2コマの連続撮影ができる機構になっています。
背面のLEDランプが巻き上げ時とフィルム終端で点灯します。
MD-Eには側面の電源スイッチと底面の巻き戻しボタン、取り付け用のノブと電池のフタ程度しか操作する部分が無い事からも分かりますようにEM同様とてもシンプルで小型軽量、簡単操作がコンセプトになっています。

|

« ニコン史ものがたり-その光学の軌跡 | トップページ | レリーズ関係アクセサリー型番 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16749090

この記事へのトラックバック一覧です: MD-E:

« ニコン史ものがたり-その光学の軌跡 | トップページ | レリーズ関係アクセサリー型番 »