« 初代ニコノス | トップページ | F-250とMF-1とのサイズ比較 »

ニコンFM3A 補助光使用時のシャッター表示

ニコンFM3AやFE2など針式のファインダー内シャッター表示絞り優先AE機ではスピードライトを装着し電源をON、ダイヤルを絞り優先モード(A)にした時、シャッター・スピードが1/250に自動設定されてないような、スピードライトを装着しない時(又はOFF)と同様にレンズの絞りリングに連動してシャッター・スピードも1秒から1/4000まで変わります。
しかも、1/500以上になってもファインダー内のレディライトが点滅しません。

しかし、シャッター・スピードをマニュアルで1/500以上に設定すると点滅する事から確認出来ますがカメラとスピードライトとの電気的な遣り取りは正常で取り説にあるように絞り優先モード時には1/250秒に設定はされているのです。

これは仕様で針式の露出表示機では特に1/250の位置に針が止まるようにはなっていません。


*(A)モードを持ったAE機でもファインダー内のシャッター表示がLCDなどのデジタル表示機ではちゃんと1/250の表示がされます。

|

« 初代ニコノス | トップページ | F-250とMF-1とのサイズ比較 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16676510

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFM3A 補助光使用時のシャッター表示:

« 初代ニコノス | トップページ | F-250とMF-1とのサイズ比較 »