« 5m望遠写真機 | トップページ | スピードライト関係アクセサリー »

ニコンF2フォトミックSB+F2データ新発売広告

ニコンF2フォトミックSを見直しコンパクト化されたDP-3ファインダーを装備したニコンF2フォトミックSBが発売されたのは1976年10月1日でした。(発表は同年9月1日)
これと同時にEEコントロールユニットDS-2も発売されました。
画像はその当時の広告です。(写真工業309号より)
F2sba

広告にあるようにDP-3はSPDやモノシリックIC、FREの採用など大幅な変更がなされ、またDS-2はスピードライトとの組み合わせや翌月発売された(受注生産)F2フォトミックSBデータ+データバックとの組み合わせに対応できるようにシンクロソケットが追加されました。

F2フォトミックSBの出荷台数ですが(生産終了1977年9月26日、最終出荷は翌年春)具体的な数字は国内分が10275台、海外分が11190台の21465台でした。(ファインダー単体販売は含まず)

|

« 5m望遠写真機 | トップページ | スピードライト関係アクセサリー »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。またまたここに書かせてもらいます。このF2photomicSBについているレンズについてなのですが、このNew50mm1.4sを見ているとこの後でてきたAI50mm1.4と前面スタイルが似ているような気がしますがこの前面は同じ部品を使っているのでしょうか。あと、光学系は同じなのでしょうか。少々気になります。お答え出来たらお願いします。

投稿: igay | 2009年2月11日 (水) 00時23分

ニューニッコール50mmF1.4のSタイプは後のAiタイプとほぼ同じで距離環のゴム部分や絞り環部分が変更されている程度では無いかと思います。また、光学系は同一だと思われます。

投稿: MARU0 | 2009年2月11日 (水) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16711741

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2フォトミックSB+F2データ新発売広告:

« 5m望遠写真機 | トップページ | スピードライト関係アクセサリー »