« F-250とMF-1とのサイズ比較 | トップページ | ニコンF2フォトミックSB+F2データ新発売広告 »

5m望遠写真機

画像は日本光学工業が当時陸軍の要請により1939年に製作された戦前戦後を通じて最も大きなカメラです。(日本光学工業50年の歩みより)
5ma
詳しい仕様は不明です、焦点距離5000mm、明るさはF25、四つ切り乾板を使用していました。
架台はトラックに固定、本体実長は3mで3つに分割して運搬しやすいようになっていたそうですが製作は1台のみという事です。
当時他に3m望遠写真機や2m望遠写真機が作られていました。その中でも2m望遠写真機は制式採用され2~300台の製造だったそうです。

|

« F-250とMF-1とのサイズ比較 | トップページ | ニコンF2フォトミックSB+F2データ新発売広告 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5m望遠写真機:

« F-250とMF-1とのサイズ比較 | トップページ | ニコンF2フォトミックSB+F2データ新発売広告 »