« Nikkor-O 1:4 f=2.1cm 広告 | トップページ | ズミクロン5cmF2とゾナー »

1984年の販売機種

画像は1984年のカメラショー総合カタログのニコンのページの一部です。
19841a
19842a
19843a
19844a

これを見て分かりますようにマニュアルフォーカスカメラ(コンパクトカメラ除く)が最も多く発売されていた時期なのです。(1984年3月)
カタログにはありませんがF3Pも出ていましたので一眼レフだけで(12種の本体)13機種、ニコノスも2種が併売されていましたので14種の本体15機種です。

実は1978年(3月)には16機種、ニコンF2、F2フォトミック、F2フォトミックS、F2フォトミックSB、F2フォトミックA、F2フォトミックAS、F2データボディ、F2チタン(報道向け)、ニコマートEL、同ELW、ニコンEL2、ニコマートFT2、同FT3、ニコンFM、ニコンFE、ニコノスIIIが出ていたのですが、F2のボディは実質3種(F2、F2データ、F2チタン)ですので11種となり、本体の種類は及ばないのです。

*これら全てがその時期に製造されていた訳ではありません、製造終了品でもメーカー在庫品をカタログに掲載し販売されていた物も含まれています。
*F3AFの本体は基本的にMFベースでDX-1ファインダーを装着した時のみAFが機能しますので、考え方は色々あると思いますがとりあえずMF機の範疇にいれました。


|

« Nikkor-O 1:4 f=2.1cm 広告 | トップページ | ズミクロン5cmF2とゾナー »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16901248

この記事へのトラックバック一覧です: 1984年の販売機種:

« Nikkor-O 1:4 f=2.1cm 広告 | トップページ | ズミクロン5cmF2とゾナー »