« 2点式(+-)の露出適正表示範囲 | トップページ | スピードライトSB-22とSB-22S »

テレコンバーターTC-16(16S)とTC-16A(16AS)

テレコンバーターTC-16は1984年4月に発売され、F3AFとマニュアル焦点レンズとの間に付けて使用するとマスターレンズの1.6倍に焦点距離を伸ばし更に焦点調節自動のオートフォカスレンズとして使える物です。
(因みにTC-16SとTC-16は同じ物でF3AF、F-501、F4で使用可能)

その2年後にニコンAF一眼レフとしてはF3AF(レンズ内モーター駆動)とは異なる方式(現在のAFタイプ、ボディ内モーター駆動)へと転換した為にそれに対応したテレコンバーターTC-16AS(TC-16Aも同じ)が出ました。開放F値3.5以下のAiレンズをAF使用できますし対応機種は少なくありませんがF-401やF-401S、F-601などでは使えません、また両者ともF100などその後のAF全盛以降の機種も対応はしてないようです。

TC-16ASではカメラボディの AF駆動ピンによってテレコンバーター内のレンズを前後に移動させることで、MFレンズ によるAFを可能にします。(ただし、ピントの合う範囲は狭くなります。
これらの仕掛け自体は『TC-16S』も同じです、 電気信号か連動ピンかという違いで、やはりF4に装着可能ですし下部がやたらに張り出していて(モーター内蔵の為)、更にAF作動用のスイッチが付いています。

因みに、上記「TC-16」と「TC-16AS」は画像のとおり光学系は同じです。

「TC-16」や「TC-16A」が登場したのはNikonがAF一眼ボディを発表した直後、そのAF機能を生かせるAFレンズのラインナップが不十分だったため、苦肉の策として、既存のMFレンズ+「TC-16AS」の組み合わせで幅広い焦点距離のレンズを初期AF一眼ボディでAF撮影可能にするためのものだと当時説明を受けた事があります。
下の画像はその2つのデータシートです。
Tc16a

Tc16asa

|

« 2点式(+-)の露出適正表示範囲 | トップページ | スピードライトSB-22とSB-22S »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/16536796

この記事へのトラックバック一覧です: テレコンバーターTC-16(16S)とTC-16A(16AS):

« 2点式(+-)の露出適正表示範囲 | トップページ | スピードライトSB-22とSB-22S »