« ニコンF2ボディ 初期モデルの特徴 | トップページ | ニッコールオート180mmF2.8 »

アクションファインダーの接眼キャップ

今日は忙しいのであっさりと書き込みます。(汗)
アクションファインダーの接眼部のキャップですがF用、F2用は一応F3用やF4用で代用が可能です。
F5用は持ってないので判りません、ご存知の方のフォローのコメントがいただけると嬉しいです。

|

« ニコンF2ボディ 初期モデルの特徴 | トップページ | ニッコールオート180mmF2.8 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

アクションファインダーの接眼部の形状は、F用からF5までだいたい同じなので、キャップはどれにでも装着できます。(つまり共用できます。)ただし、F4用とF5用のアクションファインダーには大きなゴム製フードが付属しており、このゴム製フードにバタフライ式のキャップが備わっているので、F3用までのキャップは付属していません。このゴム製フードには外れ止め金具が付いていて、アクションファインダー側の穴にカチッと噛んで止まります。この外れ止め金具を外してやれば、ゴム製フードはF3以前のアクションファインダーにも装着できます。(実験済み)外れ止め金具が無くてもおいそれと外れることは無いので、実用上は何の問題もありません。このフードを装着すると格好が良いし、外光をカットするので見えも良くなるのですが、当然ながら、フードの先端から顔までの距離は非常に近くなってしまうので、何のためのアクションファインダーなのか意味が無くなり、何とも痛し痒しです。また、F5用のアクションファインダーをボディから外すときは、このフードを先に外してやらないと、ロック解除ボタンが押せません。

投稿: スポック | 2007年7月 5日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/15639563

この記事へのトラックバック一覧です: アクションファインダーの接眼キャップ:

« ニコンF2ボディ 初期モデルの特徴 | トップページ | ニッコールオート180mmF2.8 »