« ニコマートFT2 | トップページ | 画像で見る半世紀前のレンズ製造工程 »

カニの爪付きのAi50mmF1.8S標準レンズ

マニュアルフォーカスAi-Sの50mmF1.8の標準レンズでは薄型の国内物は先日少し紹介しました最短撮影距離が45cmの物が馴染み深いですね。
また、海外では薄型のレンズシリーズEの50mmF1.8がポピュラーですがこちらは最短撮影距離が60cmになってしまいます。

また、これら薄型は絞り情報連動爪、いわゆるカニの爪が付いていません、国内物には絞りリングを交換する事によって爪付きになりますがこれもあまり見かけることはありません。

海外では爪付きのAi-Sタイプが売られていました、ただし薄型ではなく、従来のAiタイプの鏡胴とほぼ同様の物で番号も国内版薄型が200万台の数字から始まるのに比べ300万台からとなっています。
当然こちらの鏡胴の物は従来のAiタイプ同様に最短撮影距離は45cmとなっています。
この画像の物に似たAiタイプは国内でも普通に売られていましたがAi-Sタイプは薄型が国内版で出てましたのでEシリーズの28mmなどと同様にあまり見かけないレンズの1つだと思います。

Ai50mmf18old6

50mm F1.8はAFレンズも出ていますがこちらのレンズも光学系の構成は同じです、Dタイプではニコンスーパーインテグレーテッドコーティングが採用されていますのでカラーバランスや色再現性に違いがありますし逆光での特性も良くなっています。

|

« ニコマートFT2 | トップページ | 画像で見る半世紀前のレンズ製造工程 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/15929054

この記事へのトラックバック一覧です: カニの爪付きのAi50mmF1.8S標準レンズ:

« ニコマートFT2 | トップページ | 画像で見る半世紀前のレンズ製造工程 »